メニュー

炎症性腸疾患・大腸がん・大腸ポリープ

大腸大腸(盲腸・結腸・直腸)の病気には大腸炎・大腸がん等があります。また、過敏性腸症候群・便秘症の患者さんの増加を認めます。

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)

大腸に炎症を生じる病気で、潰瘍性大腸炎やクローン病、ベーチェット病など、さらに様々な病気に分類されます。潰瘍性大腸炎やクローン病は、免疫に潰瘍・炎症等ができる病気で、特に、潰瘍性大腸炎は大腸がんを併発していることも多くあります。

自覚症状としては、血便・下痢が多く、重症化すると発熱・体重減少・腹痛を伴うことがあります。放置することで、腸閉塞などの合併症を起こす場合もあるため、上記症状が出た場合は早めにご相談ください。

潰瘍性大腸炎

クローン病

大腸がん

大腸がんは、日本でもがん疾患の割合が高く、死亡率も高い疾患の一つです。

早期の場合は自覚症状が無い場合がほとんどで、便潜血陽性で大腸カメラを施行し発見されるケースが多いです。早期の発見であれば内視鏡的に切除することが出来ます。

病気が進行すると血便、便塊の狭小化を認めることがあります。腫瘍が大きくなり腸管管腔が閉塞気味になり始めて腹痛を認め、発見が遅れると腸閉塞に至ることもあります。

便潜血検査を定期的に受けることや40歳以上の方・大腸がんリスク因子の高い方は大腸内視鏡検査を行う事で早期発見・早期治療が可能となります。お気軽にご相談ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME