メニュー

院長ブログ

早期大腸癌(便潜血陽性) 今週の1枚230201 (2023.02.01更新)
初めての大腸内視鏡検査の方。拡大観察にてJNET2Aと診断し内視鏡治療させて頂きました。   40歳代 女性 便潜血陽性 #.早期S状結腸癌 0-Ⅰs+Ⅱa pTis 左:NBI観察… ▼続きを読む

今週の診療230129~ 場面確認はまず目視 (2023.01.31更新)
院長の松岡です。 寒いと細胞が作った熱が放散されるため本来の生命活動に影響が出ます。保温に心がけることが大切です。また、主として輻射熱を利用した暖房器具の利用が多い現代では湿度低下が問題となります。… ▼続きを読む

脱兎の如く凍てつく1月が終わろうとしています (2023.01.28更新)
院長の松岡です。 昨日は1度まで気温が上昇し水道に水が流れましたが、本日朝5時やはりマイナス1度の世界でした。積雪量は少ないものの、凍結路面ですので午前中の移動は十分ご注意ください。 そうこう… ▼続きを読む

今週の診療230122~ 悪条件でこそ真価が問われる (2023.01.26更新)
院長の松岡です。 最強寒波 年末年始は嘘みたいに雪が降らず、今年はどうなのかと思っていたのもつかの間、いよいよ日本列島に冬将軍の到来です。ここ2日間、富山市は安定のマイナス3度を刻んでおり、積… ▼続きを読む

進行直腸癌(便潜血陽性、自覚症状なし) 今週の1枚230125 (2023.01.25更新)
今回便潜血陽性で初めての大腸カメラ検査。写真の如く、下部直腸1/3~1/2ほどのサイズの2型腫瘍を認めました。内視鏡治療の適応外病変であり、総合病院様に速やかにコンサルトさせていただきました。 何が… ▼続きを読む

本日の診療時間について (2023.01.24更新)
院長の松岡です。 日本海側に広い範囲で大雪警報が出ています。 天候次第ではスタッフの安全面を考え、午後の診療を早く終了します。ご迷惑をおかけ致しますがご理解の程、よろしくお願い致します。 ※午後… ▼続きを読む

1月はまさに内視鏡的寒稽古  (2023.01.22更新)
院長の松岡です。 内視鏡検査で充実した毎日を過ごしている一方、バタバタと奮闘しており、1月は長く感じています。 季節はというと、日に日に日の出は早まり日の入りは遅くなっており確実に立春に向かってい… ▼続きを読む

進行胃癌(慢性胸焼け、初めての胃カメラ) 今週の1枚230118 (2023.01.18更新)
慢性胃痛、胃もたれ、胸焼けで内服されていましたが、すっきりせず今回が初めての胃カメラで受診。 しっかり絶食をしたにもかかわらず、胃内に食物残渣が鎮座。原因として幽門前庭部の全周性浮腫状狭窄を認めます… ▼続きを読む

今週の診療230115~ 腸管の歩き型の獲得にむけて (2023.01.17更新)
院長の松岡です。 2023年に入り7日目の診療を終えました。1月も後半戦です、早いです。 すでに消化器癌の診断や加療に至った症例が6例出ており、スタッフともども驚いています。 学習純度を高め… ▼続きを読む

早期大腸癌(有茎病変、便秘) 今週の1枚230111 (2023.01.11更新)
出血のリスクがある病変でも最新技術が注ぎ込まれたオリンパス内視鏡を適切に用いることで、安全に正確に腫瘍病変の治癒切除が可能となります。意のままに操ることができる処置具の必要性を肌で感じます。 &nb… ▼続きを読む

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME