メニュー

まつおか内視鏡内科の感染症対策について

安全に内視鏡検査を受けて頂くための準備

昨年末から始まったCOVID-19感染は長期化することで様々な業界に暗い影を落としはじめています。しかしながらCOVID-19以外の病気は(当たり前のことですが)COVID-19に忖度することはありません。緊急事態制限が解除され社会は徐々に活気が戻り始めていますが「これまでのように病院を受診したいがこの時期なので出来れば受診したくない」と考える方は少なくないと思いますし、今回の件をきっかけとして大きなパラダイムシフトが起こると思います。
そこで、少しでも皆様に「院内で実践しているCOVID-19感染対策」を知っていただくことで、消化器内科・胃腸科疾患に対して安心して当院を受診して頂きたいと考えます。
特に当院は「胃カメラ検査・大腸カメラ検査を積極的に行う」医院であるからこそ、日本消化器内視鏡学会の提唱する感染対策の基準を満たすよう最大限努力することで、今後来るであろう第2波、第3波に対する準備を行い、皆様に安全な正確な内視鏡検査を提供したいと考えます。

当院での消化器内科・胃腸科疾患への対応

当院は皆様の安全を第一に、日本消化器内視鏡学会の提言の下、診療を行っております。COVID-19の感染経路は飛沫感染や接触感染が主とされており、内視鏡検査室などの密閉された空間での、胃カメラ時のむせや咳に伴うエアロゾル発生や、大腸カメラ時の糞便を介しての医療従事者への感染リスクが問題視されています。以下の感染症を疑う状態に該当する方への緊急性のない内視鏡検査や治療は現在の時点で延期または中止を考慮するように述べられていますのでご理解頂けましたら幸いです。

①感冒症状や37.5℃以上の発熱を認める方
②2週間以内の新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者との濃厚接触歴がある方
③2週間以内の感染多発地域への渡航歴がある方
④強い倦怠感や息苦しさがある方
⑤明らかな誘因のない味覚・嗅覚異常がある方

⑥明らかな誘因なく4−5日続く下痢等の消化器症状がある方

当院では上記諸問題にしっかり対応することで、患者様にも・スタッフにも安全な環境であることを示してまいります。
COVID-19を疑うような症状がない方は、これまで通り安心してまつおか内視鏡内科へ受診下さい。

まつおか内視鏡内科の感染症への取り組み

①内視鏡検査時は消化器内視鏡学会の提言に則り検査を行っています。

 

②受診された新患患者様ならびに感冒症状の方全員に検温を実施しています。

③受診された方全員にマスク着用の上、院内に入って頂き飛沫感染予防に努めます。

④発熱者の方には診察順が来るまで自家用車で待機をお願いしています。当面は感冒症状の方は自家用車での診察とさせていただいています。内視鏡検査・かかりつけの患者さんへの物理的接触を最小限にとどめています。
⑤毎日3回以上の院内消毒の徹底を実施しています。
⑥院内雑誌類の撤去、ウォーターサーバーもしばらく使用を中止し、院内での直接接触の機会を極力減らしています。
⑦空気清浄機8台、サーキュレーター6台使用しながら院内の患者動線・室内の空気の流れを考慮し、かつ院内換気の徹底を行っています。
⑧エアコン、空気清浄機、サーキュレーターの清掃を含めたメンテナンスの徹底を実践しています。
⑨スタッフ全員の健康観察・体調管理・健康対策の徹底を実施しています。
⑩受付スタッフも全員マスク着用はもちろんのこと、手袋・ゴーグル着用で対応しています。
⑪受け付け・診察室にパーテーションを設けることで患者様とスタッフとの空間的隔離を実践しています。
⑫大腸カメラ検査も自宅で飲んでいただくことを前提とした対応をとり(院内希望の方は前処置室内の個人間の間隔を広くとり、パーテーション使用することで空間的・時間的隔離も考慮しています。
⑬大腸カメラ検査前処置室は一般待合室と別室・トイレも別であり、院内での空間的隔離を実施しています。
⑭質を維持しながら診療効率を高め出来るだけ皆様の院内滞在時間を短縮する様々な努力を講じています。
⑮全国の内視鏡クリニックの先生方と情報交換を行いながら日々診療の質を高めています。

COVID-19対策を抜かりなく行う事で安全な消化器内科・胃腸科診療を実践します。
慢性疾患で通院中の方は、15時以降の受診をお勧めします(内視鏡検査による待ち時間緩和のため)。

※厚生労働省・日本医師会・日本内科学会・日本消化器内視鏡学会等様々な専門家委員会の方針に沿って診療を行って参ります。情勢は刻々と変わり、それにより情報・対応も刻々と変化します。受診される際は、事前にHPで最新の情報の確認を行った上で来院されることをお勧め致します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME