メニュー

胃~十二指腸の病気

胃や十二指腸で多い疾患は、胃酸やピロリ菌等によって粘膜が傷つけられて起こる胃潰瘍・十二指腸潰瘍です。その他、胃がん・十二指腸がんなどがあります。

機能性ディスペプシア(FD)・神経性胃炎 

胃痛/心窩部痛/胃もたれ感/お腹の張り/原因不明な食欲低下/体重減少 

内視鏡検査を行っても異常がないと言われたが上記の症状を認めるという方は意外に多いです。目に見える病気だけが病気でないところが治療をややこしくしていると考えます。

みぞおちの痛みや違和感、胃もたれなどの上腹部症状を認める場合、逆流性食道炎、胃がん、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染胃炎などの器質的疾患が無い場合、機能性ディスペプシアが考えられます。

普通の食事量でもつらいと感じる食後のもたれ、間欠的な心窩部痛、排便やガスでは改善しない心窩部痛などの症状を認める時は、胃の蠕動運動(食べ物をすり潰して吸収しやすくする胃の筋肉の運動)の異常を改善することで症状の緩和が出来ますのでお困りの方はお気軽に相談下さい。

急性胃炎・慢性胃炎

心窩部痛/胃痛/背部痛/嘔気・嘔吐

ストレス/暴飲暴食/過度な飲酒/喫煙/アレルギーなどが原因となり胃粘膜に急性の炎症が起こり急性胃炎を引き起こします。上記が繰り返されることや、ピロリ菌感染により胃粘膜の炎症が慢性化すると慢性胃炎と推移します。慢性胃炎はピロリ菌感染と関係性も深く除菌治療が一般的になっております。除菌後の所謂ピロリ菌既感染の胃粘膜は除菌後胃がんのリスクもあるため、ピロリ菌除菌成功後の方は定期的な胃カメラ検査が推奨されています。

十二指腸炎

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃痛/胸焼け/腹部違和感/胃部不快感/吐血/黒色便/冷や汗

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、ピロリ菌や非ステロイド性抗炎症薬(痛み止め)/飲酒/喫煙.胃内の過酸状態などにより、胃や十二指腸粘膜が深い炎症を起こす病気です。

上記の症状を認め、さらに病状が進行すると、出血し吐血/下血、潰瘍が深くえぐれ穿孔(穴が開く)し腹膜炎など重篤化することもあります。

基本的に内服加療で対応可能ですが、十二指腸潰瘍が増悪し穿孔した場合は良性疾患ですが外科治療を要することがあります。よって内視鏡検査で確認することが大切な疾患の1つです。

ピロリ菌現感染・除菌治療

慢性の胃痛/胃部不快感/慢性胃炎・鳥肌胃炎/ピロリ菌除菌/ピロリ菌の相談

当院ではヘリコバクターピロリ菌の除菌治療を積極的に行っています。ピロリ菌の検査は呼気で判定する尿素呼気試験、胃カメラで胃粘膜を採取する検査、便を採取する便中抗原検査、血液で確認する抗体検査等があります。その方に合った検査方法をご提示致します。ピロリ菌治療はガイドラインに沿って検査を行い保険診療の範囲内で治療の完結ができます。内服薬で除菌できますのでお気軽にご相談ください。

ただ、どうしても胃カメラ検査は絶対に受けたくないがピロリ菌の有無を知りたい等の要望がございましたら自費診療で対応可能ですのでご相談下さい。

胃ポリープ症

ほとんどが無症状で胃透視検査や胃カメラ検査で指摘されます。

胃底腺ポリープ/過形成ポリープ/ラズベリーポリープ(腺窩上皮型腫瘍)

一般的には胃底腺ポリープは治療の必要性が無いものが多く、ピロリ菌の除菌成功後に発症することが多いと言われています。また、遺伝性疾患の1つである家族性大腸腺腫症 familial adenomatous polyposis:FAP では胃底腺ポリープが多発する場合胃がんのリスクとなることも報告されています。過形成性ポリープはピロリ菌感染との関係性も指摘されており除菌により縮小することもあります。また、病変のsize upを認めポリープ自体が貧血の原因を疑う場合は内視鏡切除術を行う事もあります。

ラズベリーポリープ(腺窩上皮型腫瘍)は最近報告され始めているポリープです。背景胃粘膜に萎縮は認めないのに過形成性ポリープ様のラズベリー様の形態をとるポリープです。

他に、胃腺腫(良性腫瘍)や早期がん(悪性腫瘍)による胃ポリープもあります。

胃腺腫

胃がん・十二指腸がん

腹痛/吐き気/嘔吐/食欲低下/食事が細くなった/体重減少/貧血

胃/十二指腸にできるがんであり、アジア圏では胃がんの発生率が高いと言われています。また早期がんは自覚症状がほとんどなく初期での発見は難しいと言われています。検診/健診で偶然見つかることも多く、内視鏡検査が一番の早期発見に繋がります。進行すると腹痛/吐き気/嘔吐/食欲低下/体重減少/貧血等の症状を認めることがあります。

胃がんはヘリコパクター・ピロリ菌の関与が示唆されています。ピロリ菌に感染した全ての人が胃がんになるわけではありませんが、現在ピロリ菌の除菌治療が胃がんに罹患するリスクを低下するという研究結果が報告されています。ピロリ感染していることがわかれば除菌療法が推奨されています。

非乳頭部十二指腸腺腫・がん(SNADET)

全消化管がんの1~2%と言われています。生検での診断率も70%ほどと腺腫(良性腫瘍)と早期がん(悪性腫瘍)の鑑別が難しい疾患です。腸型タイプ(白色調、平坦隆起型、下降脚)と胃型タイプ(発赤調、隆起型、球部)に分類されます。

胃憩室症

無症状で胃透視検査や胃カメラ検査で偶然発見されます。胃にクレーター状(凹状)の穴が開いている状態です。治療の必要はありません。

アニサキス症

アニサキス魚介類摂取後の突然の腹痛・胃痛/嘔気/嘔吐

アニサキスは寄生虫(線虫)の一種です。その幼虫(アニサキス幼虫)は長さ2~3cm、幅は0.5~1mmくらいで、白色の太い糸状です。サバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類に寄生しており、それを食べることで、アニサキス幼虫が胃壁や腸壁に刺入して食中毒(アニサキス症)を引き起こします。

 胃内にアニサキスがいる場合は胃カメラにてアニサキス虫体を除去できますが、小腸まで迷入した時は場合によっては腸閉塞を来し入院治療を要することもあります。  よって、魚介類摂取後の突然の腹痛、嘔気・嘔吐を認めた場合は速やかに受診されることをお勧め致します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME