メニュー

胃・十二指腸の病気
(ピロリ菌・胃潰瘍・胃がんなど)

胃や十二指腸(胃と小腸を繋ぐ消化管)の病気で多い疾患は、胃酸やピロリ菌等によって粘膜が傷つけられて起こる胃潰瘍・十二指腸潰瘍です。その他、胃がん・十二指腸がんなどがあります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、ピロリ菌や非ステロイド性抗炎症薬(痛み止め)、飲酒、喫煙、胃酸などによって、十二指腸の粘膜が傷つけられて起こる病気です。ピロリ菌

症状としては胃の痛みや胸やけ、膨満感等があります。さらに症状が重くなると、その部分から出血して吐血や下血、腹膜炎などの症状が起こることもあります。

内視鏡や消化管造影検査等で検査をして病気が確認されたら、薬物などによる治療を行います。早めにしっかりと治療することが大切です。

胃がん・十二指腸がん

胃や十二指腸にできるがんを指します。アジア圏では、とくに胃がんの発生率が高いと言われています。また、初期のがん(早期がん)は自覚症状がほとんどないため、初期での発見は難しいと言われており、内視鏡検査が大切となります。進行すると、腹痛、吐き気、嘔吐、食欲低下、体重減少、貧血の症状が現れます。

胃がんはヘリコパクター・ピロリ菌の関与が示唆されています。ピロリ菌に感染した全ての人が胃がんになるわけではありませんが、現在ピロリ菌の除菌治療が胃がんに罹患するリスクを低下するという研究結果が報告されています。ピロリ感染していることがわかれば除菌療法が推奨されています。

ピロリ菌現感染・除菌治療

慢性の胃痛、胃部不快感、ピロリ菌除菌、ピロリ菌の相談

当院ではヘリコバクターピロリ菌の除菌治療を積極的に行っています。ピロリ菌の検査は呼気で判定する尿素呼気試験、胃カメラで胃粘膜を採取する検査、便を採取する便中抗原検査、血液で確認する抗体検査等があります。ピロリ菌治療はガイドラインに沿って検査を行い、保険診療の範囲内で治療の完結ができます。内服薬で除菌できますのでお気軽にご相談ください。

ただ、どうしても胃カメラ検査は絶対に受けたくないがピロリ菌の有無を知りたい等の要望がございましたら自費診療で対応可能ですのでご相談下さい。

胃炎・十二指腸炎 

胃痛、腹痛

機能性ディスペプチア(FD)・神経性胃炎 

胃痛、お腹の張り、原因不明な食欲低下、体重減少 

内視鏡検査を行っても異常がないと言われたが上記の症状を認めている方が意外に多いと思います。目に見える病気だけが病気でないところが治療をややこしくしていると考えます。胃の蠕動運動(食べ物をすり潰して吸収しやすくする胃の筋肉の運動)の異常を改善することで症状の改善に向かうことが出来ますのでお困りの方はお気軽にご相談下さい。

胃ポリープ症

ほとんどが無症状で胃透視検査や胃カメラ検査で指摘されます。

大半が胃底腺ポリープ、過形成性ポリープと言われるポリープでこれらは治療を必要としないことが多いです。ただ、過形成性ポリープはピロリ菌感染との関係性も指摘されており除菌により縮小することもあります。また、病変のsize upを認めポリープ自体が貧血の原因を疑う場合は内視鏡切除術を行う事もあります。 治療を要する病変としては胃腺腫(良性腫瘍)や早期がん(悪性腫瘍)による胃ポリープもあります。

胃アニサキス症

アニサキスは寄生虫(線虫)の一種です。

その幼虫(アニサキス幼虫)は、長さ2~3cm、幅は0.5~1mmくらいで、白色の少し太い糸のように見えます。サバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類に寄生しており、それを食べることで、アニサキス幼虫が胃壁や腸壁に刺入して食中毒(アニサキス症)を引き起こします。  胃内にアニサキスがいる場合は胃カメラにて異物除去できますが、小腸まで迷入した時は場合によっては腸閉塞を来し入院治療を要することもあります。                 

 アニサキス

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME