メニュー

院長ブログ

S状結腸腺腫(便潜血、内視鏡治療) 今週の1枚220929(2022.10.05更新)

病変頂部はM-NBI観察で概ねJNET2A、腺腫と判断して切除致しました。病理結果も矛盾なく治癒切除で治療を完遂出来ました。

 

40歳代 男性 便潜血陽性

#.大腸腺腫 0-Ⅰp 

左:WLI観察、 中:焼灼/切除、 右:完全縫縮後

[gallery ids="11219,11221,11223"]

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME