メニュー

個をいかす

[2020.12.23]

院長の松岡です。

今年もあと僅か、ビタミンCを補給し乗り切りたいと思います。

さて、先日久しぶりに以前大変お世話になったスポーツの指導者の方とお話させて頂きました。当時色々試行錯誤していた思い出が鮮明に思い出され非常に良い時間を過ごせました。ありがとうございました。

組織力は個から

当時教えて頂いた「団体競技で勝負できるチーム作りに必要な考え」は現在の我々にとって金言であり、今にして思えば当時の私には理解出来ていませんでした。また、常勝軍団の監督さんが「統率のとれた組織作りには個の力を最大限に高めることが必須である」とも説かれています。やはり基本は「1人1人の人間力」に集約されるのではないかと思います。

当院は限られたスタッフで診療を行っております。スタッフ1人1人の個の力を最大限発揮できるよう内外の研修・意識の共有をしっかり行う事で胃腸・消化器内視鏡の分野で社会貢献していきたいと考えます。

王道に近道無し

大きな夢や目標にはそれなりの努力という対価が必要であるということ。そして窮地に陥った時、自身がその事柄に真正面から取り組めたかどうかという事実のみが自身を救うこと。非常に刺さります。

文字にすれば一見当たり前のことですが、日々100%実践することは難しいと思います。とかく忙しい日常では忘れがちになります。節目節目に忘れないよう確認していきたいと思います。

対応力

先月から「何種類かの特殊な内視鏡」をどの場面で、どのセッティングで、どんな症例に を色々試行錯誤しています。400件ほどのデータ収集が出来たので年末にデータを確認することで、2021年は今まで以上に「迷いのない=苦痛の少ない内視鏡」をご提供出来るのではないかと思います。大腸カメラ・胃カメラ検査共に少しずつではありますが確実に改善を重ねることで当院も進化して参ります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME