メニュー

頭頚部~食道の病気

食道は消化管の一部で、成人では下咽頭から胃の間の約25~40cmほどの筒状の臓器です。

逆流性食道炎/食道がん/喉頭がん・咽頭がん(頭頚部がん)/喉咽頭神経症(神経性食道炎)/アレルギー性食道炎(好酸球性食道炎)/バレット食道(SSBE、LSBE)/食道ポリープ/食道静脈瘤 等があります。

頭頚部がん

喫煙・飲酒と深い関係がある扁平上皮に発症するがんです。

喉頭がん/咽頭がん

逆流性食道炎 Gastro Esophageal Reflux Disease :GERD

胸やけ/呑気/のどが苦い・違和感・酸っぱい/口が臭い/胃酸逆流/げっぷが多い/夜間の胸痛/前胸部違和感/腹満/慢性咳嗽/飲み込みが悪い

様々な原因により胃酸・胆汁が食道に逆流することで、食道粘膜は強酸性の胃液に暴露されると炎症を引き起こし、びらん・潰瘍・瘢痕を生じます。下部食道への胃酸逆流が繰り返し起こり慢性化することで下部食道粘膜の変性を生じ食道腺癌がんの原因となるバレット食道を引き起こすこともあります。<続きを読む>

<増悪リスク因子>

  • 食生活の欧米化(高蛋白・高脂質の増加に伴う胃酸分泌増加)
  • 胃内環境の変化(ピロリ菌感染の低下、ピロリ菌除菌の普及に伴う胃酸分泌能の増加)
  • 肥満(腹圧の上昇に伴う食道裂孔ヘルニアに増大)
  • 高齢化(食道裂孔ヘルニアの増大)
  • 過度なストレス

食道がん

食道がんの多くは食道の粘膜から発生し、進行すると腹部や首のリンパ節まで転移することもあります。

食道がんは初期には自覚症状が無い場合がほとんでであり、食べ物を飲み込んだ時の痛みや、しみる感じがあることもあります。食べ物が喉につかえる感じ、胸部~廃部の痛み、声のかすれなどを認めると、がんが大きくなっている可能性があります。

内視鏡検査等の検査で早期発見が可能です。とくに40代後半から罹患率が増加します(愛煙家・大酒家・お酒に弱く飲酒後すぐに赤くなる方)。定期的に健康診断を受けていただくことをお勧めします。

<ハイリスク因子>

  • 男性
  • 60-70歳の年齢
  • 喫煙と飲酒
  • バレット食道

アレルギー性食道炎

バレット食道 Barrett’s esophagus

胸焼け/呑気/胃酸逆流/夜間の胸痛

食生活の欧米化/肥満に伴い、胃液/胆汁の慢性的な食道への逆流に伴う化学的損傷が起こり、下部食道粘膜がバレット粘膜に置換された食道粘膜をバレット食道と言います。ゆえにバレット食道は逆流性食道炎GERDの合併症(終末像)とも言えます。

問題点は「バレット食道が食道腺がんのハイリスク粘膜」という事実です。バレット食道は食道腺がんの発生母地であり発がん率は年率1%未満と報告されており定期的な内視鏡検査が大切です。

バレット粘膜が3cm以上かつ全周性に認められればlong segment Barrett’s esophagus:LSBEと、3cm以下であればshort segment Barrett’s esophagus:SSBEと定義されます。<続きを読む>

<バレット食道リスク因子>

  • 肥満
  • 高齢
  • 男性
  • 喫煙
  • ピロリ菌未感染・ピロリ菌除菌成功状態 

食道アカラシア Esophageal  achalasia

食事のつかえ感・閉塞感/食後の嘔吐/食欲低下/胸痛・背部痛

食道アカラシアは原因不明の食道の機能異常です。食道と胃の間のつなぎ目(食道胃接合部)が弛緩しない、または持続して強く収縮したままとなり、食塊が食道内に滞留し下部食道が拡張する疾患です。男女差はなく、10万人あたり1~2人のまれな疾患です。発症年齢は30~50歳代が多いとされています。

食道カンジダ症

食道裂孔ヘルニア Esophageal hiatal hernia

胸焼け/胸のつかえ感/胸痛/背部痛/咳嗽

胸腔と腹腔を隔てる横隔膜には食道/大動脈/下大静脈が通過する穴がそれぞれあります。その中の食道が貫通する穴を食道裂孔といい、その食道裂孔から胃の口側の一部分が胸腔に入り込んだ状態を食道裂孔ヘルニアといいます。

 原因は①食道裂孔の緩みと②腹圧の上昇と言われています。<続きを読む>

食道潰瘍

食道静脈瘤

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME