メニュー

逆流性食道炎・食道がん・バレット食道・食道アカラシア・頭頚部がんなど

食道は消化管の一部で、成人では下咽頭から胃の間の約25~40cmほどの筒状の臓器です。

逆流性食道炎、食道がん、喉頭がん・咽頭がん・喉咽頭神経症(神経性食道炎)、アレルギー性食道炎(好酸球性食道炎)、バレット食道(SSBE、LSBE)、食道ポリープ、食道静脈瘤、等があります。

 

逆流性食道炎

胸やけ、呑気、のどが苦い・酸っぱい、胃酸逆流、げっぷが多い、胸痛、前胸部違和感、腹満、咳が長引く、飲み込みが悪い

様々な原因により胃酸・十二指腸液が食道に逆流することで、食道粘膜は強酸性の胃液に暴露されると炎症を引き起こし、びらん・潰瘍・瘢痕を生じます。下部食道への胃酸逆流が繰り返し起こり慢性化することで下部食道粘膜の変性を生じ食道腺癌がんの原因となるバレット食道を引き起こすこともあります。

当院では逆流性食道炎の疑いがある場合、内視鏡で食道粘膜に発赤やびらん、潰瘍、腫瘍がないかどうかを検査した上で治療を開始することをおすすめしています。

増悪リスク因子

  • 食生活の欧米化(高蛋白・高脂質の増加)、肥満
  • 胃内環境の変化(ピロリ菌感染率の低下、それに伴う胃酸分泌能の増加)
  • 過度なストレス付加、高齢化

 症状は胸やけ、呑気、のどが苦い・酸っぱい、胃酸逆流、げっぷが多い、胸痛、前胸部違和感、腹満などから、慢性化すると咳嗽、睡眠障害、飲み込みが悪い、気分が沈むなど、生活の質が落ちることも少なくありません。炎症が長引き重症化すると食道出血・食道狭窄(炎症を繰り返し狭くなる)により飲み込みが悪くなる等の合併症を認めることもあります。

 内視鏡検査(胃カメラ検査)で食道の炎症を正確に評価することで薬剤にて治療可能な疾患です。ただ、逆流性食道炎は上記のリスク因子と密接に関係しますので再発しやすく、日々の生活習慣の是正も大変重要となります。

 内視鏡学的にはA.非びらん性逆流性食道炎、B.軽症型逆流性食道炎、C.重症型逆流性食道炎に分類されます。これまでA→B→Cと臨床経過をたどると考えられていましたが、最近の研究でこれらのタイプは全てが連続的に進行するわけではないと分かってきました。よってA,B,Cそれぞれ状態に適した治療が必要となります。ご心配の方はお気軽にご相談下さい。

逆食

食道がん

食道がんの多くは食道の粘膜から発生し、進行すると腹部や首のリンパ節まで転移することもあります。

食道がんは自覚症状が無い場合が多いですが、食べ物を飲み込んだ時の痛みや、しみるという症状を初期に伴うこともあります。食べ物が喉につかえる感じを認めるようになると、がんが大きくなっている可能性があります。

内視鏡検査等の検査で早期発見が可能です。とくに40代後半から罹患率が増加します(愛煙家・大酒家・お酒に弱く飲酒後すぐに赤くなる方)。定期的に健康診断を受けていただくことをお勧めします。

アレルギー性食道炎

バレット食道(SSBE、LSBE)

食道アカラシア

食道静脈瘤

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME