メニュー

頭頚部~食道の病気

食道は消化管の一部で、成人では下咽頭から胃の間の約25~40cmほどの筒状の臓器です。

逆流性食道炎、食道がん、喉頭がん・咽頭がん・喉咽頭神経症(神経性食道炎)、アレルギー性食道炎(好酸球性食道炎)、バレット食道(SSBE、LSBE)、食道ポリープ、食道静脈瘤、等があります。

頭頚部がん

逆流性食道炎

胸やけ、呑気、のどが苦いや違和感・酸っぱい、胃酸逆流、げっぷが多い、胸痛、前胸部違和感、腹満、慢性咳嗽、飲み込みが悪い等の症状を来します。

様々な原因により胃酸・胆汁が食道に逆流することで、食道粘膜は強酸性の胃液に暴露されると炎症を引き起こし、びらん・潰瘍・瘢痕を生じます。下部食道への胃酸逆流が繰り返し起こり慢性化することで下部食道粘膜の変性を生じ食道腺癌がんの原因となるバレット食道を引き起こすこともあります。

典型的な症状は胸焼けですが、胃酸が口までこみ上げてきてげっぷが出る呑酸、胸が締めつけられるような痛み、咳や喘息、のどの違和感や声がれといった症状が見られることも少なくありません。命にかかわるような病気ではないものの、不快でつらい日常生活を送らねばならないことになります。また、夜間に臥位になることで慢性的に胃酸が食道に逆流し中途覚醒などの睡眠障害や気分の落ち込みの原因となることもあります。命にかかわるような病気ではありませんが、生活の質が落ちることも少なくありません。炎症が長引き重症化すると食道出血・食道狭窄(炎症を繰り返し狭くなる)により飲み込みが悪くなる等の合併症を認めることもあります。

当院では逆流性食道炎の疑いがある場合、内視鏡で食道粘膜に発赤やびらん、潰瘍、腫瘍がないかどうかを検査した上で治療を開始することをおすすめしています。

増悪リスク因子

  • 食生活の欧米化(高蛋白・高脂質の増加に伴う胃酸分泌増加)
  • 胃内環境の変化(ピロリ菌感染の低下、ピロリ菌除菌の普及に伴う胃酸分泌能の増加)
  • 肥満(腹圧の上昇に伴う食道裂孔ヘルニアに増大)
  • 高齢化(食道裂孔ヘルニアの増大)
  • 過度なストレス

 

 内視鏡検査(胃カメラ検査)で食道の炎症を正確に評価することで薬剤にて治療可能な疾患です。ただ、逆流性食道炎は上記のリスク因子と密接に関係しますので再発しやすく、日々の生活習慣の是正も大変重要となります。

特に肥満や高齢に伴う食道裂孔ヘルニアの逆流性食道炎が遷延し、バレット食道(SSBE、LSBE)を来した場合、1%未満ですが食道腺がんのリスクがあるため、しっかり逆流性食道炎の治療を行うことが重要です。

 内視鏡学的にはA.非びらん性逆流性食道炎、B.軽症型逆流性食道炎、C.重症型逆流性食道炎に分類されます。これまでA→B→Cと臨床経過をたどると考えられていましたが、最近の研究でこれらのタイプは全てが連続的に進行するわけではないと分かってきました。よってA,B,Cそれぞれ状態に適した治療が必要となります。ご心配の方はお気軽にご相談下さい。

食道がん

食道がんの多くは食道の粘膜から発生し、進行すると腹部や首のリンパ節まで転移することもあります。

食道がんは初期には自覚症状が無い場合がほとんでであり、食べ物を飲み込んだ時の痛みや、しみる感じがあることもあります。食べ物が喉につかえる感じ、胸部~廃部の痛み、声のかすれなどを認めると、がんが大きくなっている可能性があります。

内視鏡検査等の検査で早期発見が可能です。とくに40代後半から罹患率が増加します(愛煙家・大酒家・お酒に弱く飲酒後すぐに赤くなる方)。定期的に健康診断を受けていただくことをお勧めします。

ハイリスク因子

  • 男性
  • 60-70歳の年齢
  • 喫煙と飲酒
  • バレット食道

アレルギー性食道炎

バレット食道(SSBE、LSBE)

食生活の欧米化(高蛋白・高脂肪食)・肥満に伴い、胃液・胆汁の慢性的な食道への逆流に伴う化学的損傷が起こり、下部食道粘膜がバレット粘膜に置換された食道粘膜をバレット食道(本来食道粘膜は扁平上皮というミルフィーユのような何層にも層を成した粘膜で覆われていますが、食道への慢性的な胃酸・胆汁逆流によりその扁平上皮が胃から連続する1層の円柱上皮に置換された状態)と言います。ゆえにバレット食道は逆流性食道炎の合併症とも言えます。

大きな問題点はバレット食道が食道腺がんのハイリスク粘膜ということです。バレット食道は食道腺がんの発生母地であり発がん率は年率1%未満であるため定期的な内視鏡検査が望まれます。

 食道胃接合部(食道と胃の境界線)から口側の円柱上皮の存在を肉眼的に確認することでバレット食道の診断を行います。

バレット粘膜が3cm以上かつ全周性に認められればLSBE(long segment Barrett’s esophagus)、

3cm以下であればSSBE(short segment Barrett’s esophagus)と定義されます。

 バレット食道がんと診断された場合、早期食道腺がんであれば内視鏡治療で治癒できますが、進行病変に対しては一般的な食道扁平上皮がんと同様外科的切除術や放射線治療・抗がん剤治療を行います。

バレット食道は元々ピロリ菌感染の少ない欧米人に多いと報告されており、これまでは日本の食道がんのほとんどは食道扁平上皮がん(本来の食道扁平上皮由来のがん)であり、欧米の食道がんのほとんどは食道腺がん(バレット食道から発生する食道腺上皮由来のがん)と言われていましたが、徐々に日本でも生活習慣の欧米化やピロリ菌感染の低下に伴うバレット食道の増加により、食道腺がんが注目されています。

そして最も大切なことはバレット食道になる前の状態(逆流性食道炎の段階)でしっかり治療を行い、バレット食道を予防することです。

バレット食道リスク因子

  • 肥満
  • 高齢
  • 男性
  • 喫煙
  • ピロリ菌未感染・ピロリ菌除菌成功状態 

食道アカラシア

食道カンジダ症

食道裂孔ヘルニア

胸腔と腹腔を隔てる横隔膜には食道・大動脈・下大静脈が通過する穴があります。その中の食道が貫通する穴のことを食道裂孔といい、その食道裂孔から胃の口側の一部分が胸腔に入り込んだ状態を食道裂孔ヘルニアといいます。

 原因は①食道裂孔の緩みと②腹圧の上昇と言われています。

①加齢に伴う解剖学的変化や先天的(生まれつき)原因で食道裂孔が緩み、かつ腹圧の上昇が追加され食道裂孔ヘルニアが発症します。

②の原因としては肥満や慢性咳嗽咳

食道裂孔ヘルニアの存在により胃から食道に胃酸が逆流することではじめて、胸焼け・胸部つかえ感・背部痛・咳などの所謂逆流性食道炎症状を来します。

タイプは滑脱型(最多)、傍食道型、混合型の3分類に分類されています。

大半は無症状とりますが、有症状の際の治療は逆流性食道炎に準じた胃酸逆流を抑える内服治療が主となります。しかしながら稀ではありますが内服治療抵抗性の場合は外科手術となることもあります。

食道静脈瘤

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME