メニュー

内視鏡検査の4つの特徴

当院の内視鏡検査とは・・

がんの治療は「早期発見」することが最も大切です。そのためには定期的に、気軽に、安全で、正確な検査を苦痛なく行うことが必要条件です。当院では「口腔内から肛門まで」を消化器内視鏡専門医が確実な技術で診療します。

 内視鏡検査は苦しいというイメージがあると思いますが、当院では様々な工夫(細径カメラ・鎮静剤・炭酸ガス・無送気軸保持短縮挿入法)によりできるだけ苦痛のない検査をご提供します。

 

 特徴① 安全で確実な挿入技術

大腸内視鏡検査は肛門から盲腸までを苦痛が少なく、かつ、数分で挿入できる技術があってこそ初めて正確な観察、診断、治療ができる検査です。

通常は空気で腸管内を膨らませるため苦しい検査となりますが、無送気軸保持短縮法を用いることで大腸の負担を最小限に抑えます。また、専用の炭酸ガス送気装置を使用することで、検査後の腹満感や不快感の速やかな軽減が期待できます(もちろん安全性も確認されています)。

 

特徴② 正確な診断・治療

病気を早期発見することにより内視鏡手術で治癒できる時代となりました。そのためには様々な専門技術を用い確かな診断を行うことが前提となります。当院ではオリンパス社製内視鏡システムを用いハイビジョンクオリティーの下、拡大内視鏡検査(生検検査を行わずにその場で細胞組織レベル同等の観察診断が可能)、NBIシステム(狭帯域光観察)、色素内視鏡検査を用いることで治療に繋がる適切な診断を行います。

院長は10年間に渡り富山県立中央病院消化器内視鏡センター(松田充医師、松田耕一郎医師に師事)で内視鏡挿入技術・診断技術・治療技術を学びました。開業するまで内視鏡検査・手術は15,000件以上(うち、大腸内視鏡検査・手術は7,000件以上)の検査数を経験しております。

当院ではポリープが見つかった場合、その場で正確な診断を行い内視鏡的治療が可能と診断した病変についてはポリープ切除術(ポリペクトミー)を行います。内視鏡の中から針金状の輪っか(スネア)を腸管内に出して、ポリープにスネアを(輪投げのように)かけて高周波電流(電気メス)にて熱焼灼してポリープを取り除きます。その際の疼痛はありません。ポリープ切除後は取り残しが無い・出血がないかを丁寧に確認したのち検査を終了致します(切除した検体は全て病理検査に提出します)。

もちろん大型ポリープで出血のリスクが大きく入院の上、内視鏡治療が適切と判断した場合や、早期がんであっても特殊な器材を用い治療したほうが良いと判断した場合などは、専門の医療機関へ責任をもってご紹介致します。

 

特徴③ 徹底した衛生管理・環境整備

当院の内視鏡検査・日帰り内視鏡手術は全例「内視鏡学会専門医」である院長が行い、内視鏡技師の資格をもつ看護師がサポート致します。

内視鏡検査器具の洗浄は日本消化器内視鏡学会・日本消化器内視鏡技師会「内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドライン(第2版)」を遵守しております当院ではカイゲンファーマ社製内視鏡洗浄消毒器を用い隅々まで消毒・洗浄を行います。強酸性電解水によりピロリ菌等の細菌・ウイルスなどの内視鏡介在感染の防止に努めます。内視鏡関連の医療機器は徹底した消毒・滅菌により、清潔なスコープで安心した検査・感染症予防を行います。また酵素洗浄剤を用いた超音波洗浄器で内視鏡検査で使用する処置具をしっかり洗浄します。当然のことですが、患者様に見えないところも誠実な取り組みを行っています。

内視鏡検査中は、生体モニターにて心拍数・血圧・血液中の酸素飽和度を監視・観測し、安全に検査を行います。特に大腸内視鏡手術を受けられた患者様全員に緊急時対応を行い、万が一発生する偶発症の対応も万全の対策をとっています。各種専門施設と綿密な病診連携を行い、検査や入院を含めた万全の診療体制をご提供致します。

 

特徴④ 気軽に受けて頂ける内視鏡検査・日帰り内視鏡手術

原則、予約をする必要なく受診当日に検査を行える環境を準備しております(1日の検査枠を超えた場合、後日の検査となりますがその場合はもちろん配慮致します)。「仕事のため前もって検査予約が難しい」、「平日は多忙で土曜日の検査を希望したい」等のご要望に応える体制を実現致しました。時間にゆとりを持ってご自身のライフスタイルに合わせて検査を受けていただけます。まずはご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME