メニュー

糖尿病について

糖尿病とは・・・

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が正常値を逸脱する状態が継続する疾患です。生活習慣病の中の1つであり合併症が進行するまで症状は無く、採血等の検査を行わない限り自身が病気であることを知ることが出来ないことが多いです。一般的には3大合併症(神経症、網膜症、腎症)が有名であり、全身の血管に影響をもたらしますのでそれ以外にも様々な症状を認めます。また動脈硬化や易感染性(免疫が落ち感染症にかかりやすい)等の問題も生じます。

糖尿病には「インスリン依存型(I型)糖尿病」と「インスリン非依存型(II型)糖尿病」の2つのタイプがあります。
「インスリン依存型(I型)糖尿病」は、ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されておきる糖尿病です。全体の5%の方が、こちらのタイプの糖尿病です。
「インスリン非依存型(II型)糖尿病」は、遺伝要因にくわえて、食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症する糖尿病です。95%の糖尿病がこのタイプです。
糖尿病は深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症など)を引き起こすことがあり、最悪の場合は、死に至る危険な病気です。早めの治療・対策が必要です。

不摂生

当院の治療について

当院では、運動療法・食事療法・薬物療法(内服薬・インスリン注射)を行います。教育入院・精密検査・入院加療等が必要な際には、連携している医療機関に適切なタイミングでご紹介致します。お気軽にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME