メニュー

大腸カメラ検査・日帰り内視鏡手術後の注意点

当院は内視鏡検査・治療に力を入れ、癌の早期発見・早期治療をめざしています。

特に日帰り内視鏡手術は出血を伴う処置ですので、検査後にある一定の確率で偶発症が起こると報告があります。そのようなトラブルを可能な限り最小限にして内視鏡手術を受けて頂くために皆様に、検査前・検査後の注意点をしっかり守っていただきたいと考えます。

 

当院の内視鏡治療のスリーステップ

①出来るだけ疼痛の少ない検査を行い

②病変があればその場で正確な診断(内視鏡治療できるかどうかの有無)を行い

③可能な限りその場で安全に内視鏡手術を行う

 を信条に最小限の内視鏡検査で済むよう皆様の負担を減らすよう努力します。

 

 大腸カメラ検査後の注意点

大腸カメラ検査後は、観察時に内視鏡から入れたガスが腸内に沢山入っていますので可能な限りおならをしてください。おならが出るに従い腹満症状は徐々に改善します。検査後問題がなければ直ぐに検査結果の説明となりますが、皆様の状況に応じて点滴の追加やしばらく生体モニター管理下で状態を確認することもございます。皆様の安全を最優先して対応させて頂きます。鎮静剤使用した場合、検査後1日は車の運転はできませんのでご理解お願い致します。

 

 <観察のみで検査が終了した場合>

お腹が落ち着いてから温かい飲み物を提供させていただきます。その後気分が悪くならなければ、軽い食事をされても構いません。

 

 <生検検査・内視鏡手術を施行した場合>

術後しばらくの食事・生活に関する注意事項の要点をまとめたプリントをお渡し説明させていただきます。また、検査結果は検査当日に結果をお伝えすることができません(生検・手術検体は全例当院と契約している熟練した病理医による顕微鏡診断による精密検査を行っています)。次回外来診察日に詳細をご説明させていただきます。

 また、上記に記載した如く、内視鏡手術後の偶発症への対応も行っております。術後後出血(肛門から血が出る、便に血が混ざる)、腹痛が続く場合は当院へ連絡して頂くか、診療時間外は院長へ直接お電話頂きます(内視鏡手術となった方全員に院長の電話番号をお伝えしています)。最後まで責任をもって対応させて頂きます。

 

 内視鏡手術後の注意点

 最初は少しの水分から飲水頂きます。

術後1週間は胃腸に優しい食事を心がけて頂きます。アルコール、香辛料、炭酸飲料水、脂っこいもの(肉類、揚げ物、ラーメン)、刺身等の生もの等は避けて頂くことで偶発症の発症を減らせます。基本は十分な咀嚼後の嚥下が大切です。

特に大きなポリープを切除した場合は後出血の可能性が高いため、より慎重な対応を行います。

止血剤の点滴・内服処方を行い、翌日に診察のため来院して頂くこともあります。検査後食も準備しておりますので食事が心配な方はご相談下さい。大きなトラブルが無ければ流動食(ヨーグルト、ゼリー等)からスタートして頂き、お粥や素うどん、そして通常食と慎重にに食上げを行います。

腹圧のかかる運動(ゴルフ、テニス、ジョギングなど)、雪かきは 1週間避けて頂きます。術後1週間は出張や旅行は避けて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME