メニュー

NBIシステム(狭帯域光観察)について

[2018.02.14]

院長の松岡です。

内視鏡検査時に非鎮静検査の方で、自身の腸内をリアルタイムにご覧になりたい方に、一緒にモニターを見ながら解説させて頂いております。その時画面が突然緑色になるときがあり「私の腸の色が変わったのですが病気ですか?」「機械の故障ですか?」等のご質問を受けることがございますので下記に説明させていただきます。

 

当院ではオリンパス社製EVIS LUCERA ELITE内視鏡システムを導入しています。様々な機能がありますが、NBIについてご説明したと思います。

NBI(狭帯域光観察:Narrow Band Imaging)

国立がん研究センター東病院が中心となり2006年に実用化された観察手法です。

通常、光の三原色(赤、緑、青)の白色光で観察していますが、赤のみを除くことにより粘膜表面の血管を浮かび上がらせる特殊システムです。

がん細胞は血管から栄養を補給して無秩序に増殖する為、自身の周囲に小さな異常毛細血管を作り出し増殖します。NBIではこのような血管を狙い撃ちして観察できるので、早期の病変の診断に力を発揮します。

内視鏡検査時に手元のボタン1つでNBIに切り替えることができますので、患者さんのストレスがなく正確な診断に寄与することが可能となります。対象臓器は咽頭・食道・胃・小腸・大腸など、消化管の幅広い領域での有用性が報告されています。当院では胃カメラ・大腸カメラを行う全ての検査でNBI観察を行っております。よって、上記の

質問の答えとして突然腸の病気が出現したわけではなく、機械の故障でも無いわけです。

 

当院では今後も質の高い検査を出来るだけ皆様の負担を最小限に行う工夫を実践していきます。内視鏡検査を受けて頂いた方全員にアンケートを頂き、今後の検査に活かしております(内視鏡内科コンテンツからご覧いただけます)。質問や不明な点等ございましたら診察時にお気軽にお尋ねください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME